HIV検査を行なってエイズの発症を避けよう|発症の連鎖を断ち切る

対策と検査

聴診器

性病の一つであるエイズに感染してしまうと身体の免疫力を低下させます。免疫力が下がると病気になりやすい身体になってしまいます。だからエイズに感染している人は早急に治療を受けることが大切です。また、エイズに発症する原因であるHIVのウイルスが身体に入っていても気づくことはあまりありません。だから定期的にエイズ検査を受けるといいでしょう。HIVに感染している状態なら治療を受けることで対策ができるので、早めに検査を受けて適切な治療を受けましょう。また、エイズ検査を行なってくれる施設はたくさんあるので、自分が住んでいる地域内で見つけることができるでしょう。そのため、エイズ検査を行なうために、遠出をする心配はありません。

エイズ検査を受けることで感染しているかチェックできます。ですが、最も望ましいことはエイズに感染しないためにも対策をすることです。そうすることで、エイズ検査を受ける手間をとることもありません。エイズの対策方法はとても簡単です。性行為の際にはコンドームを着用、注射器などを他の人と共有しない、カミソリのような血液がついてしまう可能性がある物は各自で準備するなどで対策できます。また、エイズに感染する方法で勘違いしていることがあります。エイズは母子感染、性行為での感染、血液からの感染だけです。そのため、エイズ患者の汗や涙などで感染する心配はありません。更に、エイズ患者が触れた物から感染する可能性はないので、過剰反応をすることはないのです。このことから、エイズ患者でも私達と一緒の暮らしができると言えます。